シャングリ・ラ 第24話(最終話) 理想郷土 感想

≪ iTunes楽曲追加(20091014) トップページヘ とらドラ! 第22話 君のいる景色 感想 ≫

シャングリ・ラ 第24話(最終話) 理想郷土 感想

 いよいよ最後の戦いです

三人の後継者候補

 アトラスのゼロ層に眠っていたヒミコの遺伝子を受け継ぐ者たち同士を掛け合わせてつくられたのが美邦で、ヒミコのクローンなのがクニコ。そして草薙はヒミコの子孫だということが明らかにされます。

 けれど、これだとクニコと美邦は普通の意味での姉妹という感じではありませんね。ゼロ層に眠っていたヒミコの遺伝子を受け継ぐ者たちって、つまりはヒミコの子孫ってことでしょうし。

 それと、遺伝子操作でつくり出した命だというなら、もっとたくさんの後継者候補がつくられていそうなんですけど(汗) 三人とも病気や事故で死んでいたらどうするつもりだったんだ…。クニコと美邦の二人しか成功しなかったのかな。

 草薙がヒミコの子孫というのは納得ですね。彼の御印だけ刃が欠けたような状態だったのも長い年月が経っていたからでしょうし、クニコや美邦に比べて地味で目立たなかったのも、それだけヒミコの血が薄まっているから…ってこれは単に性格の問題か(笑)


海に沈むメデューサ

 香凛がメデューサのシステムを書き換えていた為、世界は滅びずにすみました。でも前回の放送を見る限り、香凛は涼子様から両親のことを聞かされて精神的にボロボロだったはずなんですが…。聞かされる直前にやっていたとも考えられますけど、それらしき描写がなかっただけにちょっとムリがあるかも。

目にも止まらぬ早業

シャングリ・ラ_24_(理想郷土)(終)_001
 美邦を護るために現れたミーコの俊敏なアクションが妙にカッコ良かったシーン。え?ちょっと唐突じゃない?というツッコミはナシの方向で。きっと母性愛のなせる業なんですよ(笑)

よくわからない秦くん

 結局、彼がやりたかった事がよくわかりませんでした。涼子個人にではなくアトラス建設そのものに心酔していたようですけど、その理由も語られていませんし…。Z4(ツェットフィーア)の中では一番の曲者という感じだっただけに少々拍子抜けです。

クラリスとチャン

シャングリ・ラ_24_(理想郷土)(終)_002
 最終話にしてようやく姿を現した貧乏なクラリス、またの名をシスター・メアリー・ロバート(笑)とチャン。チャンはアバターの雰囲気とあまり変わりませんが、クラリスは結構な年増…もとい妙齢の女性でした(笑)



midoriが歌うエンディング曲「はじまりの朝に光あれ。」は最初のサントラに収録。「月に隠せし蝶の夢」は二つ目のサントラに収録。

シャングリ・ラに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-32.html
関連記事

テーマ : シャングリ・ラ

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター