シャングリ・ラ 第18話 双頭奇譚 感想

≪ iTunesで購入出来る「タユタマ -Kiss on my Deity-」の曲 トップページヘ 周辺機器で失敗 ≫

シャングリ・ラ 第18話 双頭奇譚 感想

 ダイダロスを止めるために動き出すクニコたち

またもや小説から

 前回のサブタイトルは志賀直哉からでしたが、今回は永井荷風の「墨東綺譚」からのようです。これも知っているのはタイトルだけで、その理由もレンタル屋で映画化されたものを見かけたからだったり(汗) パッケージの写真が結構エロくて借りるかどうか散々迷った記憶があります(バカ)

 ここで言う「双頭」が誰と誰を表しているのかは人によって捉え方が異なりそうですね。考えられる組み合わせとしては、クニコと美邦、クニコと凪子、クニコと涼子、凪子と涼子という四通りの関係でしょうか。個人的には凪子と涼子がどういう関係なのかが気になるところです。

冴えわたるモモコさんのテク(笑)

 以前ほどの対人恐怖症が見られなくなったとは言え、まだまだ直接的な人との接触には慣れていない香凛さん。そこへ忍び寄るモモコさんの魔の手(笑) いろんなことを教えられてしまった香凛さんは、やむなくクニコたちを美邦様のもとへ連れて行くことに。

 美邦様とモモコさんの耳飾りについては第4話で触れられていましたが、ここでようやくその謎が明らかになりました。そして、それによってクニコと美邦の意外な関係も判明します。けれど小夜子の言うとおり、その事を確定事項と考えるのはまだ早いかもしれません。


いつの間にやら…

 軍を辞めてアトラスからも離れた草薙くん。いつの間にやらメタルエイジに溶け込んでいるあたり抜け目がありません(笑) でも以前に軍隊を率いてドゥオモの町にやって来たこともあるので、住民からは疎まれていそうな気もするんですが(汗)

 軍服と私服とではイメージが違いすぎるのでわからなかったとか? もしくは草薙本人の影が薄かったので誰も覚えていなかったとか?(酷い) まぁここはダイダロスの始末をしているうちに熱い友情が芽生えたということにしておきましょう(笑)

真打ち登場

 ダイダロスを焼き払うための準備は着々と進んでいくものの、住民の避難場所という肝心な点で行き詰ることに。ここでそうなることがわかっていたかのように現れる凪子がカッコいいですね。

 単にクニコを助けるためだけではなく、凪子自身にも公社の中に入って涼子に会うという目的がありました。恐らく凪子と涼子の間には少なからぬ因縁があるんでしょうね。こちらの対決もどのような結果となるのか楽しみです。



midoriが歌うエンディング曲「はじまりの朝に光あれ。」は最初のサントラに収録。「月に隠せし蝶の夢」は、9/23発売予定の二つ目のサントラに収録予定。

シャングリ・ラに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-32.html
関連記事

テーマ : シャングリ・ラ

ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シャングリ・ラ 第19話-東京空襲】

カナシミレンサ乗り越え、國子は前を向く。

◎シャングリ・ラ第十八話「双頭奇譚」

カリンは、「戦闘機を用意するとなると、国家予算並みの費用が必要だ」ということで断る。くいさがるクニコたちにたいして、「レンタルという手もあるけど」という。カリンはクニコの剣をもらいたいということだった。クニコは承諾する。カリンは、モモコさんのイヤリング...

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター