2009年7月開始の新作アニメ その2

≪ iTunes楽曲追加(20090709) トップページヘ iTunesで購入出来る「空を見上げる少女の瞳に映る世界」の曲 ≫

2009年7月開始の新作アニメ その2

ひきつづき第1話を見た感想を簡単に

かなめも

 原作は4コママンガらしいので、ほんわかとしたアニメかと思っていたところ、主人公の境遇は結構ハードで意表をつかれました。あんなに百合全開な新聞販売店があるなら、ぜひとも住み込みで雇って欲しいです。まぁ男という時点で落とされるでしょうが(笑)

宙のまにまに

 こちらは絵柄どおりのさわやかな部活モノ。見ているうちに天文少年だった小学生くらいの頃の自分を思い出していました。もっとも、その頃に親から買ってもらった口径6センチ程度の望遠鏡では月面のクレーターや土星の輪、木星とその四つの衛星くらいしか見ていて楽しいものはありませんでしたが(笑)

 もちろん特殊なレンズを使えば太陽の黒点も見えるんですけど、ヒロインの美星みたいに興味を持つということもなく、そのうちに天文熱は冷めて望遠鏡は置き物状態に(汗) このアニメを見終わる頃には、俺にも一緒に星を見る仲間がいれば、もうちょい続いていたのかなぁと、ちょいとセンチな気持ちになってました(苦笑)

CANAAN

 なんかゲームから派生した作品らしいですね。とにかく作画が良くてカッコイイ仕上がりになっています。正直に言ってスト-リーの方は今のところサッパリなわけですが(汗)、露出狂な秘書のお姉さんがステキなので視聴は継続します(最低)


プリンセスラバー!

 パンチラシーンに規制が入っているということで話題(笑)になっていました。けれどロザリオとバンパイアに比べたら、それほど露骨でもなかったかな。あちらがひどすぎると言われてしまえばそれまでですけど(笑) 逆にヒロイン(シャルロットと萌香)の雰囲気は似ているように感じました。

 どういう時代設定なのかはよくわかりませんでしたが、世紀末救世主でも出てきそうな悪党の跋扈ぶりがすごいの一言。ヒロインたちの際どいシーンを見られるかどうかは彼らの活躍にかかっていそうです(最低)

大正野球娘

 野球をするために少しずつ仲間を集めていくという割とオーソドックスな初回。最初のほうで小梅の歌が流れたときは「このアニメ大丈夫か?」と心配していましたが杞憂に終わりました(笑)

 最初に集まった仲間が男子のプレーを見て早々に逃げ出すシーンから、島本和彦の逆境ナインで最初のメンバーの大半が脱落してしまうシーンを思い出していました。この先、残りのメンバーを集めるために、いきなりボールを投げつけるとかしたら面白いんですけど(笑)

狼と香辛料2

 一期とは制作会社などが変わったそうですが、特に違和感を覚えることもなく視聴できました。ただ一期のOP「旅の途中」がものすごく好きだっただけに、引き続き清浦夏実さんにOPを歌って欲しかったですね。

 本編のほうはホロとロレンスの相変わらずなやり取りをニヤニヤしながら楽しませてもらいました。アマーティに対するホロ姐さんの猫被りっぷりもたまりません(笑) けれど「狼とふとした亀裂」というサブタイトルが示すように不穏な空気が流れますので、この先の展開が少し心配だったりします。


 これで残る新作は「東京マグニチュード8.0」だけかな。最近はスルーしようと思っていたエヴァの再放送にはまっていたりします(汗) 久々に見ますけど、やっぱり面白いですね。鈴原の家にセガサターンがあるのがちょっと切なかったり(笑)

2009年7月開始の新作アニメ その1はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-entry-285.html
関連記事

テーマ : 新作アニメ

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター