鉄のラインバレル 第20話 運命の男(ひと) 感想

≪ iTunes楽曲追加(20090617) トップページヘ iTunesで購入出来る「咲 -Saki- 」の曲 ≫

鉄のラインバレル 第20話 運命の男(ひと) 感想

 ペインキラーのディーソイルに障害が

戦力外通告

 御崎町を加藤機関の猛攻から守るために頑張っていた美海。そのために傷付いたペインキラーを修復中なわけですが、なかなか作業が進みません。レイチェルたちはディーソイル自体に障害が発生したのではないかと疑います。

 これは結局ディーソイルではなくて美海の精神状態が原因だったのかな? 前回、マサキからキツいことを言われてますし、結局は浩一のラインバレルに助けてもらったという負い目も感じていたんじゃないでしょうか。

 結果的に戦力外として捉えられてしまい、その事に危機感を抱いたのかガムシャラにトレーニングを続けます。しかし彼女の努力は空回りしているようにしか見えず、さらに深刻な状況に追い込まれるのでは?と不安な気持ちに。

鉄のラインバレル_20_(運命の男(ひと))_001
でもこのシーンは良かった(最低)


正義の味方の弱点

 国連への説得が不調に終わったシズナ達は移動中に加藤機関の待ち伏せを受けます。しかも国連軍が加藤機関の援護に回っており、迂闊には手を出せない状況に。仲間のピンチに浩一達が駆けつけますが…

 このあたりの展開を見ていて「いっそJUDAへの攻撃は全部国連軍に任せればいいんじゃね?」と思ったのは俺だけでしょうか(笑) 正義の味方にとっては最大の弱点を突かれたという感じです。ちょっと反則っぽいけれど。

中島の過去

 今回、残念に感じたのは中島宗美が自分の過去を回想するシーンかな。結構なドラマが隠されている感じだったのにアッサリと流されてしまったので、彼がなぜ加藤機関へ協力するようになったのかがサッパリわからないという状態に。このあたりは、もう少し何とかして欲しかったですね。

 JUDAが守るべき人類に属する国連軍が加藤機関の味方をするという、厳しい展開になってきました。この圧倒的に不利な状況を浩一達がどうやって克服していくのかに注目です。

鉄のラインバレルO.S.T.2鉄のラインバレルO.S.T.2
TVサントラ コーニッシュ

flying DOG 2009-03-25
売り上げランキング : 101842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セブンアンドワイはこちら→鉄のラインバレル O.S.T.2icon

鉄のラインバレルに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-23.html
関連記事

テーマ : 鉄のラインバレル

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター