屍姫 玄 第7話 ありふれた望み 感想

≪ iTunesで購入出来る「あかね色に染まる坂」の曲 トップページヘ iTunesで購入出来る「ケメコデラックス!」の曲 ≫

屍姫 玄 第7話 ありふれた望み 感想

 オーリ君に貞操の危機が迫る…(オイ)

ちょっとした修羅場

 何だか異様な雰囲気の春日さん。けれど胸を押し付けられたり、濃厚なキスをされたりで正直オーリがうらやましいぞ(笑) まぁ例の黒猫によってオーリの能力が解放されたり犬彦の介入もあったりで、それ以上は進まなかったわけですが。

北斗の敵として

 赤紗さんの登場が久しぶりに感じられるのは、俺の視聴ペースがあまりにも遅いからなんでしょうね(汗) ここでは狭間の口から北斗について少しばかり語られます。それによると、彼女にとって破壊という行為が自分にされた唯一のことらしいので、産まれてすぐに殺されてしまったということでしょうか。

 更には、屍姫をつくるための経典の奪取と眞姫那をシカバネにすることが星村家を襲った目的だと判明。前者が屍姫を理解するためだというのはわかるんですけど、後者を思い立った理由がイマイチよくわかりません。一応、北斗の敵として存在する相手が欲しかったそうですが、それなら別に眞姫那じゃなくても良かったような…。まだ何か隠された理由でもあるのかな?


遊園地の夜

 オーリの高校では生徒達に異変が生じていた。「誰もが幸せに滅びてる」という歌詞が佐野元春の歌にあるんですが、まさしくそんな感じかな。眞姫那さんも風船に捕らわれてあわやという所でしたが、必死の反撃によって頭屋(トーヤ)の正体が明らかに。やたらと聞き取りにくい声だと思っていましたが、この正体を隠すためだったんですね。

 ここで歪質(ヒズチ)によってトーヤの過去を知らされ、視聴者はひたすらヘコまされます(汗) この後でオーリに関しても重要な事実を話しますが、第3話でオーリを残すように言っていたのは、こういう理由からだったのか。変な趣味があるとか考えてゴメンなさい(笑)

 それにしても犬彦が風船のエジキにならなかったのは何故なんだろう。春日さんが原因だということにも薄々感付いていたみたいだし。ひょっとして彼女にも何か特殊な能力が!というのは考えすぎか(笑) 次回はいよいよオーリの出生の秘密について語られそうです。

屍姫 第六巻(仮) 【初回限定版】 [DVD](Amazon)
屍姫 玄 第二巻 <初回限定生産>(セブンアンドワイ)icon
5話~7話を収録。もっとも公式サイトでは18話~20話となっていますが(笑)

屍姫 玄に関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-31.html
屍姫 赫に関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-16.html
関連記事

テーマ : 屍姫

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター