シャングリ・ラ 第4話 超秋葉原 感想

≪ シャングリ・ラ 第3話 天地層造 感想 トップページヘ シャングリ・ラ 第5話 乱心嵐舞 感想 ≫

シャングリ・ラ 第4話 超秋葉原 感想

 クニコたちはアトラスから何とか脱出出来たようです。

 

謎の耳飾り


 ミクニ様のお目付け役である小夜子の「あの相撲取りは?」というセリフに吹いた。確かにそうとしか見えない外見ですけど(酷い) 前回、悲惨な目にあったミーコはミクニ様に気に入られたようで、この先は女官としてうまくやっていけそうです。
 
 このとき母親の名残としてミクニ様は耳飾りを見せますが、それはモモコが付けているものと同じもののようですね。って今回からモモコは髪型も衣装も変わってるし。この先もちょくちょく変われば面白いかも。
 
 

複雑な炭素市場


 ドゥオモではクニコの祖母が炭素市場に目を光らせており、市場の異常な動きを察知している模様。そういえばクニコ本人も以前は炭素市場で名を馳せたと言われてましたから、クニコにその知識を与えたのは祖母ということになるんでしょうか。
 
 メタルエイジの会議でクニコはグラファイトの換金を提案。武彦曰く、普遍価値がある実物資産らしいですが、空気中の炭素を忌み嫌うこの世界において、炭素の塊であるグラファイトに何故価値があるのか、具体的な説明が欲しかったですね。
 
 

紫音くんの受難


 いつもの涼子様による嫌がらせで、デンジャラス・ミクニ様への使いを命じられた紫音くん。涼子の責め(攻め?(笑))を受けるのが怖いかと問われ、「怖くはございません。楽しみです」と答える様は真性のマゾとしか言いようがない(笑)
 
 

盗まれたシステム


 前回、少しだけ触れていた炭素市場の変化に対して、メドゥーサと同じシステムが使われていることに気付いたカリンは、その元となるCPUの流通経路を洗うためにアキバの裏市場へとアクセス。ここで検索不可能になっているクニコの存在を知ることに。
 
 カリンの検索結果ではクニコに対して"Aberrance"と表示されています。あまり聞きなれない単語なんで調べてみたんですが「常軌逸脱」という意味みたいですね。でも俺が知らないだけで本当はよく使われている単語だったりして(汗)
 
 で、その裏市場にいる秋葉ジジイたちの説明によると、まるでバイオレンスジャックに出てくる関東地獄地震のような大災害からの復興ということでアトラスの建設は始まったみたい。しかし、彼らの話し方がいちいち気に障るのは近親憎悪というやつでしょうか(笑)
 
 

今回の豆知識


  • ズカズカ踏み込むのはオカマの癖
  • オカマは金(キン)がない分、お金を大事にする
  • クニコの3サイズは上から78,54,83


シャングリ・ラに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-32.html
関連記事

テーマ : シャングリ・ラ

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター