地獄少女 三鼎 第10話 鏡の中の金魚 感想

≪ 鉄のラインバレル 第9話 ブラック・チェンバー 感想 トップページヘ かんなぎ 第10話 カラオケ戦士マイク貴子 感想 ≫

地獄少女 三鼎 第10話 鏡の中の金魚 感想

地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_001

 今回の主役は朝から新聞配達に精を出す勤労少年・市村和也。

 ゆずきの発言からして、家が貧しいからというわけではなさそうだけど・・・。



地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_002

 女として見て貰いたい妻と、それを煩わしく感じる夫。息子である和也は微妙な立場に置かれている様子。しかし、いくら小さな町の学校とはいえ、下級生の親まで普通は知らないような・・・(汗) まぁ和也は足が速いようなので、有名なのかもしれないけど。
 すでに藁人形を持っているのには驚いたけど、これで彼のことを知ったゆずきが声をかけて知り合いになったのかな。



地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_003

 和也の母にたくさんの着物を買わせる営業マン。藁人形の相手は恐らく彼なんだろうけど、自分も地獄に堕ちることを思うと、なかなか紐を引けない和也。
 仕事と言ってしまえばそれまでだけど、こういう売り方はちょっとねぇ・・・。これは本人が営業マンを呼んでいるということでなければ、クーリングオフが効くのかな? まぁ母親本人が、そういう気持ちにならないと意味ないけど。



地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_004

 夫が妻にそっけないからこうなったのか。妻がいつまでもこんな感じだから夫が嫌になったのか。いろいろと想像する事はできるけど、一旦こうなっちゃうと、よっぽどのことでも起きない限り、修復は不可能だろうなぁ。つまり言いたいことは、もっとゆずきの入浴シーンを増やして欲しいということなんです。



地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_005

 親の金を取る子供というパターンは多いけど、お金を入れてやる子供というのは珍しいなぁ。そんな子供の心も知らず、母は旦那が入れてくれたもんだと思ってるし(汗) そしてマラソン大会当日、営業マンの本音を聞いてしまった和也はついに紐を引いてしまう。



地獄少女 三鼎_10_鏡の中の金魚_006

 お仕置きは軽めだったかな。次の営業先の心配をしたり、あいに着物を売りつけようとしたり、この男の仕事熱心さには、ある意味感心した(笑) でも結局は夫に女として見て貰いたいというのが母親の望みだから、何も解決してないんだよね(汗) ここは一発、和也が非行に走るとか家出するとかしないと変化はなさそうだ。まぁ悪いほうに変化する可能性もあるけれど。

地獄少女 三鼎に関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-11.html
関連記事

テーマ : 地獄少女 三鼎

ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 三鼎 第10話「鏡の中の金魚」

博士「カズヤ!」 助手「ガチムチ自重www」

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター