鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後 感想

≪ CLANNAD AFTER STORY 第7話 彼女の居場所 感想 トップページヘ 地獄少女 三鼎 第8話 隣 感想 ≫

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後 感想

鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_001

 浩一がJUDAの社員寮に移っていることを知らされていなかった理沙子。

 一方、浩一と絵美との関係は軽い冷戦状態が続いているようで。



鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_002

 ようやく話に絡んできた道明寺。ファクターである浩一を軽くあしらう彼は何者なんだろうか。矢島の死で成長したかに見えた浩一だったけど、まるで進歩がありません(笑) 人は一朝一夕では変われないという事ですね。



鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_003

 ラインバレルを呼び出した件でレイチェルに怒られる浩一。理沙子は浩一に会おうとJUDAの社員寮近くに来るが、そこで絵美と出会う。そして堂々と乗り込んでくる加藤久嵩。彼の目的はラインバレルと浩一のようだが・・・
 きちんと名刺を用意している加藤に笑った。アタッシュケースの中には金塊が入っているのかと思えば、カレー味のカステラだし。俺の想像力も足りないようだ(汗)



鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_004

 国連の対策会議で新兵器のプレゼンをやっている男は森次の知り合いかな。浩一たちは加藤からマキナを造りだした異世界についての説明を受ける。そんなやり取りとは関係なく続く絵美と理沙子の睨み合いが笑えます。それにしても盆栽が趣味とは絵美さん渋すぎ(笑)



鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_005

 ラインバレルは他のマキナとは異なること、それを開発したのは絵美の父親で、すなわち彼女も異世界の人間であることを浩一は知る。浩一は矢島のこともあり、加藤への協力を拒否。周りを囲まれて逃げ出せないかと思われた加藤は自分の配下を呼び出して、あっさりとその場を去る。
 社長も元々は加藤機関の人間だったのね。幹部と言ってたからファクターでもあるんだろうか。それにしても加藤が本気になったら、JUDAはあっという間に潰されそうなんだが、そう出来ない理由はなんだろう。



鉄のラインバレル_07_(サイアクな放課後)_006

 道明寺の携帯待ち受けの女の子が非常に気になります(笑) それはともかく、なぜか誕生する早瀬軍団。これも道明寺が裏で何か企んでいるのかな。まぁそういうキャラには今のところ見えないけどね。

鉄のラインバレルに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-23.html
関連記事

テーマ : 鉄のラインバレル

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター