屍姫 赫 第7話 偽言魂 感想

≪ かんなぎ 第7話 キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇) 感想 トップページヘ ケメコデラックス! 第7話 ピンチのイズミちゃん! 感想 ≫

屍姫 赫 第7話 偽言魂 感想

屍姫 赫_07_(偽言魂)_001

 いかにもという感じの不良学生たちが、謎の人物に制裁を加えられる。

 見逃してた第5話はビッグローブにて視聴。だいたい予想どおりの話だったかな。いくらキーが付いてても、無免許、もしくは免許取立ての人間が簡単に乗ろうとするか?と思ったけど、まぁやる人はやるんだろうね。俺が免許取立ての頃は近所を回ってくるだけでも怖かったけど(汗)



屍姫 赫_07_(偽言魂)_002

 相変わらず光言宗で頭を坊主にしてる人は、誰が誰なのかわかりにくい(汗) 今回、高峰が話しているのは、かなりのお偉いさんなのかな。そしてサダヒロによってアカシャの過去が語られる。壮絶な戦いの果てに一人生き残ったアカシャは、その後、裏切り行為に走るわけだけど、この経緯からして光言宗自体にも何か秘密がありそうな感じ。



屍姫 赫_07_(偽言魂)_003

 オーリはしょっちゅうバイトを休んでるような気がするけど、収入のほうは大丈夫なんだろうか(汗) クラスメイトの墨鳥に怪しげなブログを見せられたオーリは、それを書いているであろう光良という男がシカバネになっていると予想する。死因は感電事故。何故そうなのかはオーリにしかわからない(笑)
 右腕を失って痛々しいマキナさんですが、景世との仲を問うオーリに全力で反応する姿がお茶目です。そして、もちろん履いていません(バカ)



屍姫 赫_07_(偽言魂)_004

 よせばいいのに首を突っ込むオーリ君。一方、景世の代わりに、この地域を任された伊佐木は、光良の行方を追っていた。チンピラたちを俗人と呼ぶわりには、出世を目指していたり、水薙生にキスをしたりと、権勢欲や色欲がずいぶんと旺盛のようです(笑)



屍姫 赫_07_(偽言魂)_005

 オーリの元に現れた光良は、話し合いも虚しく、シカバネへと姿を変える。過去の回想シーンからして、剣道部の先輩だけでなく、他の連中にも嫌われていたっぽいね。



屍姫 赫_07_(偽言魂)_006

 今回の戦闘シーンの主役は水薙生さん。ピチピチのライダースーツ姿がとても色っぽいし、傷付けられる姿もたまりません(変態) 光良の正義宣言に「これなんてラインバレル?」と思ってしまった(笑) それにしても伊佐木の水薙生への感情はかなり屈折してるなぁ。なぜ、こういう関係になったのか、その辺の経緯も行く行くは描かれるのかな。



屍姫 赫_07_(偽言魂)_007

 水薙生は過去に恋人を殺し、自らの命を絶っていた。その罰として屍姫となったと彼女は考えているようだ。伊佐木の乱暴な扱いにも素直に従う理由は、そういう所にあるのかもしれない。
 「ありがとう、ヒーロー」
 ヒーローではないというマキナのセリフを受けてのものだろうけど、さすがに唐突すぎて何を言ってるのか理解するのに時間がかかった(笑)

第01話 死が舞う
第02話 遊戯のつづき
第03話 夜の声
第04話 惨美歌
第05話 背信僧(録画失敗)
第06話 妖走の果て
第07話 偽言魂
第08話 安らぎ
第09話 その胸にトキメキを
第10話 地に星
第11話 ある夜
第12話 夜明け
第13話 契約僧告別式次第(終)
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?3

屍姫 玄はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-31.html
関連記事

テーマ : 屍姫

ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

屍姫 赫 第8話「安らぎ」

博士「サブタイが一気に普通だなぁwww」 助手「確かにwww」

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター