地獄少女 三鼎 第7話 うそつき 感想

≪ 機動戦士ガンダム00 Second Season 第8話 無垢なる歪み 感想 トップページヘ かんなぎ 第7話 キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇) 感想 ≫

地獄少女 三鼎 第7話 うそつき 感想

地獄少女 三鼎_07_うそつき_001

 転校生がやってくるという、ごくありふれた情景から始まる第7話。

 彼の名は犬尾篤志。級長である鷲巣という生徒が面倒を見る事になる。



地獄少女 三鼎_07_うそつき_002

 犬尾は母の病気療養のために東京から引越してきたらしく、スポーツが得意ということも相まって、都会に憧れる女生徒たちの注目を浴びる。しかし、本当は父親に蒸発され、母の実家に戻ってきていたというのが真相だった。世間体を気にする母に、犬尾は嘘をつくことを強要される。
 前回の予告から、母親の病気療養は嘘だと想像がついていたけど、実際に見せられると、やっぱりキツいものがあるね(汗) 父親が蒸発したから、こうなったのか。それとも、こういう母親だったから蒸発されてしまったのか。何とか普通に振舞おうとする犬尾が不憫です。



地獄少女 三鼎_07_うそつき_003

 様子がおかしいことに気付いた鷲巣に、本当のことを話してしまう犬尾。それに気付いた犬尾の母は激昂する。一人、苦悩する犬尾は地獄通信にアクセスしてしまう。
 この叩いた後で泣きながら抱きしめるっていうのは、実際にありそうでとても嫌なシーン。家庭内暴力がエスカレートしていくパターンって、こういうのが多そうだ。



地獄少女 三鼎_07_うそつき_004

 家でじっとしていることに耐えられなくなった犬尾の母は、夜の街へと出て行くことが多くなる。当然、今までの嘘がバレてしまい、様々な噂が流れることに。犬尾を心配する鷲巣は夜の街に彼を呼び出し、見知らぬ男にすがる母親の姿を見せつけることによって、嘘をつくことを止めさせようとする。しかし犬尾が選んだ行動は・・・
 あんだけ世間体を気にしてたのに、自分でバラしてどうするんだ(苦笑) 旦那に逃げられて寂しいのはわかるけど・・・ねぇ? やっぱり、こういう人だから蒸発されちゃったのかな。



地獄少女 三鼎_07_うそつき_005

 地獄送りにされたのは母ではなく、鷲巣だった。彼の善意の押し付けが犬尾にとっては、とても煩わしいものだったのだろう。そして犬尾はあくまで嘘をつき続ける。その心には、すでに狂気が宿っていた。
 人の不幸話を聴きながら相槌を打っていても、どこかで楽しんでいる自分がいる。それは誰にでもあることだと思うから、鷲巣の行動を責めるつもりはないけれど、一方で、そういうお節介が相手を苦しめてしまうことがあるのも事実だから難しいよね。
 母は地獄送りを免れたけど、これから、この狂気じみた息子との生活が待っている。その生活は、ある意味、死ぬより辛そうだ。まぁ、すべて母親自身が招いたことだからしょうがないね。

地獄少女 三鼎に関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-11.html
関連記事

テーマ : 地獄少女 三鼎

ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 三鼎 第7話「うそつき」

博士「♪折れた煙草の吸い殻で~」 助手「それは『うそ』だろ中条きよしwww」

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター