鉄のラインバレル 第5話 明日への道標 感想

≪ CLANNAD AFTER STORY 第5話 君のいた季節 感想 トップページヘ 地獄少女 三鼎 第6話 わたしのセンセイ 感想 ≫

鉄のラインバレル 第5話 明日への道標 感想

鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_001

 夢の中で矢島と出会う浩一。そして・・・(笑)

 なんで裸?と思ったけど、前回、雨でびしょ濡れだったから洗濯したのかな。



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_002

 「態度は大きいのに・・・ねえ・・・残念ね」
 浩一の男の尊厳を打ち砕く、緒川さんのキツい一言(笑) そしてJUDAでは浩一を正式に迎え入れることを決定していた。次回予告でわかるけど、チラシ寿司は司令が作っていたのね。見た目によらずマメな人だ。



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_003

 勝手に契約書を作っていたり、司令はなかなか食えない人のようです。他のマキナが修復に時間がかかっている所を見ると、ラインバレルの修復能力が如何に凄いかがわかるね。
 ここで双子のファクターが登場。女のほうは超人気美人声優が関西弁でやっていることもあって、某テレパシー少女を連想せずにはいられなかった(笑)



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_004

 双子の名はシズナとイズナ。彼らが操るマキナ・ディスィーブは、前回のはぐれマキナが進入してきた経路の調査に赴く。一方、絵美に今までの行動を責められて呆然とする浩一。まぁ彼も巻き込まれてファクターになってしまったんだから、ちょっと言い方がキツいんじゃない?と思ったら、あえて憎まれ役をやっていたようで騙されました(笑)



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_005

 矢島の葬式に参列する浩一。号泣する三馬鹿に悪いけど笑った。こいつら矢島と仲良かったっけ?(笑) ディスィーブは精神攻撃で優位に立つものの、民間人を守りながらの戦いで戦局は逆転、窮地に立たされる。なんか加藤機関の連中がただのチンピラにしか見えないんだけど(汗) 加藤のゲームの駒として適当に集められたんだろうか。



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_006

 双子のピンチに決断を迫られる浩一。そして彼の出した答えは・・・。もうオッパイ触る必要はないのね。ちょっと残念(笑)



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_007

 ほんと敵の連中、ただのチンピラだよなぁ。まぁこんな相手だからこそ、今回のラインバレルが一層カッコよく見えたのかもしれないけど。「機体性能に依存しすぎだ・・・」とブライトさん、もとい森次さんの厳しいご意見だけど、今までに比べれば十分成長してるよね。



鉄のラインバレル_05_(明日への道標)_008

 司令が不気味すぎる。つーか絵美に最低と言われてますが(笑)

鉄のラインバレルに関する他の感想はこちらから↓
http://takanuma777.blog36.fc2.com/blog-category-23.html
関連記事

テーマ : 鉄のラインバレル

ジャンル : アニメ・コミック

comment

Secre

Twitter
最新の記事
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキング
ランキングに参加しております。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
気に入った方は、
ポチッとお願いします。
全記事表示
全タイトルを表示
プロフィール

たかぬま

Author:たかぬま
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター